マツエクを付けて良かったと感じる3つのメリットと基礎知識

まつ毛エクステ、通称マツエクは1980年頃に韓国で発祥し、日本では2007年頃から徐々に広まりました。

市場に出始めた頃のマツエクは、エクステも固くグルー(接着剤)も刺激の強いものが多かったようです。

その頃に体験した方の中には、チクチクした、瞼が腫れた、などあまり良い印象を受けなかった記憶がまだ残っている方もいらっしゃるようです。

ですが、ここ何年かでマツエク業界もものすごい勢いで発展し、今ではエクステも品質が改善され、付け心地や自まつ毛への負担もかなり快適になりました。

若い方が付けるイメージが強かったマツエクも、現在では幅広い年齢層のお客様が体験していただくようになりましたが、まだまだマツエクに対して不安に感じる方もいらっしゃると思いますので、当記事でマツエクの装着方法や、お手入れ方法、持続期間などをご紹介してきたいと思います^^

マツエクの装着方法

化学繊維で作られた人口のまつ毛(エクステ)を、自まつ毛1本に対し1本づつ専用の接着剤(グルー)で装着していきます。

その際、まつ毛の根本1~2mm離して装着していくため、瞼や皮膚に直接つけることはありません。

その為、皮膚が弱い方にも装着可能です♪

※まれに、アレルギー反応をおこす方もいらっしゃいます。

皮膚が弱い方には、念のためパッチテストを行う場合もございます。

エクステの種類

素材によっては1本1本の柔らかさが異なり「シルク・ミンク・セーブル」などの種類があり、セーブルが1番柔らかく付け心地が良いとされています。

他にも、長さ・カール・太さ・色も種類が豊富にあり、それぞれの種類を組み合わせることでお好みのデザインに仕上げることができます。

オーダーメイド感覚で装着が可能なので、ナチュラルな仕上がりや、つけまつ毛のような存在感のある仕上がりまで様々なデザインを作ることができ、お好みの目元を楽しむことができます^^

エクステの持続期間

まつ毛には、毛の成長段階があり

【成長期毛】しっかりとした毛が生える時期
【休止期毛】産毛のように細く今からの成長段階の時期
【退行期毛】抜け落ちて生え変わる時期

このように生え変わっては抜けて、を繰り返しています。

このサイクルを毛周期と呼び、まつ毛の場合は3~4週間で生え変わります。ですが、すべての毛が同じ周期ではないのでエクステの量は平均3~4週間で3分の1ほど残ります。

※まつ毛の状態・デザインの種類・生活環境によって個人差あります。

マツエクのお手入れ方法

エクステは刺激が大の苦手です。擦る・触る・引っ張るなど刺激を加えることで、エクステが取れやすくなったり自まつ毛に負担がかかり傷んでしまう原因となってしまいます。

エクステを付ける際に付着させるグルー(接着剤)は油分に弱く、エクステが取れやすくなる為、メイク落としにはジェルクレンジングがおすすめです。

エクステになるべく触れないように丁寧に目の周りを洗い流します。

メイクはビューラーやウォータープルーフのマスカラは控えていただいてます。その他、ホットビューラー・アイシャドウ・アイライナーなどは問題なく使用できます。

あなたはどのタイプ?

■自分に似合うお化粧法がわからない
■綺麗になる目的が分からない
■魅力ある女性になりたい
■女子力を高めたい
【魅力開花】美容に挑戦してみたい方向けマツエク

■目元にコンプレックスがある
■化粧無しでは自信が持てない
■スッピンの顔が嫌い
■目元の魅力がわからない
■容姿に自信がない
【解放タイプ】マツエク依存や濃いアイメイクを抜け出したい方向けマツエク

上記のチェックリストを参考に、ぜひご自身に必要なマツエクにチャレンジしてみてくださいね^^

関連記事

  1. 気持ちに寄り添う目元づくり【マツエク編】

  2. 「ありのまま」すぎると老化が早まる!?その時々の気持ちに合わ…

  3. 【魅力開花】美容に挑戦してみたい方向けマツエク

  4. 目元のデザインによる印象の変化~お悩み、症状、装着後の変化、…

  5. 40代以降にマツエクがおすすめな理由♡イタイ女認定な残念まつ…

  6. まつ毛が痛みにくいのはどっち?まつ毛エクステVSまつ毛パーマ…