トリガーポイント療法を取り入れた手技『リメディアルセラピー』とは?

肩こりや頭痛など、身体の疲れでお困りの方にぜひおススメなマッサージ手技がリメディアルセラピー(Remedial therapy)です。

この手技は、トリガーポイント療法などの様々な技術を取り入れたオーストラリア生まれのマッサージで、Ponoではボディトリートメントの際、お客様の身体の症状に合わせて組み合わせ提供しています。

トリガーポイントとは?
リメディアルセラピーとは?

トリガーポイントとは、痛みの原因となっている箇所のことを指し、筋肉内に硬結として現れそれが引き金となり離れた部位に痛みを放散します。

英語でリメディアル(Remedial)とは“治療的”という意味があり、身体の筋肉の短縮やコリなどが原因で痛みや機能障害を起こしている部分を、元の健康状態に近づけていく治療的セラピーをリメディアルセラピーと呼んでいます。

一般的なオイルトリートメントは、ツボやリンパなど全身のマッサージ部位の流れがマニュアル化されていていますが、リメディアルセラピーは様々なテクニックを使ってお客様一人ひとりの筋肉内にある硬結を探し、その硬結を和らげていくオーダーメイドのマッサージです。

なんとこのマッサージ、オーストラリアでは国家資格とされていて民間医療健康保険適応されるほど確立され高く評価されているセラピーなんです^^
※当サロンは治療目的ではありません。詳しくはコチラをご覧ください。

究極のリラクゼーション
リメディアルセラピー

一般的にマッサージを大きく分類しますと、

■お洋服を着たままのドライマッサージ
■お肌に直接オイルを塗ってほぐすオイルマッサージ

この2種類があります。
身体の深部まで届きほぐすのがドライマッサージ。
身体の表面の皮膚やリンパなど浅い部分を流すのがオイルマッサージとイメージすると分かりやすいかと思います^^

従来のオイルトリートメントでは

▪気持ちいいけど何処か物足りない
▪解してほしい箇所がズレている
▪もっとスッキリ感がほしい

そう感じたことはありませんか?
そのような要望にもリメディアルセラピーは満足度が高いことも一つの魅力です。

オイルトリートメントの中にリメディアルセラピーを入れることで、リラクゼーションの心地良さと
「あーそこそこ!」
という的を得た感覚と、今までのマッサージにない体感を味わうことができます。

また、筋肉の硬結を緩和することでトリートメント後の心身のは身体の疲れや痛みが和らぎ、驚き結果に!

リメディアルセラピー施術の
Before・After

30代女性:パソコン等デスクワークの長期同じ姿勢を取ることが多く、背中全体にかけての疲労でお困り
施術前:筋肉に負荷がかかり左右非対称
施術後:筋肉の硬結が和らぎ、全体のバランスが整った状態に

トリガー(硬結)を和らげることは

人間の身体にはリンパや血液、ホルモンなど、全体に生命エネルギーを循環させながら細胞一つ一つに栄養を送り届けています。

イメージでお伝えすると、水の流れる「川」を想像していただくと良いかと思います^^

筋肉内に現れるトリガーは大きいものから小さいものまで様々な大きさがあります。トリガーが大きくなるにつれて、川の幅を細く狭くし良質な水の流れを妨げてしまうことになるのです。

Ponoではリメディアルセラピーを用いて、大きく凝り固まったトリガーを小さく解いていくことで、硬結が引き金となり引き起していた肩こりや頭痛など、お客様の身体の疲労を少しでも和らげるようサポートさせて頂いております。

リメディアルセラピーを受けるには?

▷三ツ星オプション★★★に含まれています。
▷おはな・つぼみ・めばえメニューをご利用の方は、オプションから組み合わせて受けることが出来ます。
▷Sun・Moonコースをご利用の方は、コースの中に含まれています。

関連記事

  1. リフトアップラッシュのレビューとデザイン写真

  2. 前田敦子さんから学ぶ!目と目の距離が離れてる人のアイメイク【…

  3. 自まつ毛への負担が軽減!痛みが気になる方におススメのリフトア…

  4. マツエクの持続力と仕上がりに大満足のアップワードラッシュ