過去の経験と今の思考と育児と。

過去の経験と今の思考と育児と。

相手を信じる
信じたくても、独りでも大丈夫って意地張って嫌な自分がいて、でもほんとは
そんな事ないよ。ここにいて良いんだよ。
ってわたしが一番、そこに希望と不安を持ってたりしてね^^

自己啓発関連などで言われる自己肯定感。

あれ、私は低い方です。・・あ、時と場合によるかな?(笑)
以前はそんな自分に嫌気もさしましたが、その気持ちがあるからこそ、向上心に繋がってるんですよね^^

脳って、ネガティブになるように出来ているんですって^^
それはもともと命を守るために備わっているものなので、全てがポジティブすぎるのも危険ってことですね(笑)

ネガティブだからダメ、じゃなくて
ポジティブじゃないとダメ、じゃなくて

ネガティブだから出来ることがあって、ポジティブだから与えられるものがあって、そのバランスさえも楽しんで生きていきたいなっと思っております^^

太陽と月とPono(調和)

そもそも、私のネガティブの原点はどこからきてるのだろうと振り返ってみたんですが、思い返せば私の家族とっても仲悪かったんですよね。

私のせいで両親はいっつも夫婦喧嘩してて、私は邪魔な存在なんだろうとずっと思っていました。

そんな環境で育ったので、自己否定してしまうのもしょうがないですよね(笑)

思い出すとあの時嫌だったなーと思う事もありますが、今となっちゃ親には感謝しかないですけどね^^

それと、その時の流れのまま数年前までずっと喫煙していたんですが、辞めてみてこれだけは自信を持って言えるんですが、人って「自分のため」だと諦めやすいけど、「誰かのため」だと頑張れるんですよね^^

パートナーのため、子供のため、両親のため、友人のため・・もし思い当たる相手がいなくても未来の自分のためと思ったら、何事も少しは頑張れるかも?(今回は禁煙セラピーの話ではありませんw)

それと。喫煙に関わらず、ダイエット、習い事、、長続きできなくて当たり前。

脳は、そうなるようにできてるんです。(だから、禁煙セラピーの話じゃないってばww)

なので、なんにでも思考をコントロールできれば、このさきどんな自分にでもなれると思うし、念ずれば通ずはほんとにあると思います^^(超能力の話でもありませんwww)

 

過去の記憶や体験をもとに今の思考がつくられる。それは、みんなが実感していると思います^^

私はそんな感じで育ってきたので
やっぱり我が子には、自分のような想いはさせたくないと思っています。

過保護も良くないんですがね、その加減ってなかなか難しいっ。

そんなうちの娘も8歳になりました。
女の子の思春期は9~10歳頃から始まるとされています。娘も最近からは無意味にイライラしていたり、だんだんと心の変化もあるようで・・。

つい先日、娘が食事中に体調不良をうったえて、学校を数日お休みしたんです。

でも体調はさほど悪い様子はなく、どうやら気持ち的な疲れかも?

子供が元気ないとき(内面的な悩み)に親がどう寄り添ったらいいか

そんな事を考えながら過ごした数日でした。

でもこの時間で、学ぶことや変化が多くあったので、そのお話はまた次回でお伝えしますね^^