クレイセラピー研修2日目※傷の経過写真あり

無事、クレイセラピー研修2日目が終了しました^^

この日は、クレイの種類や特徴についてお勉強♪
知ってビックリ魅力てんこ盛りのクレイ。

その作用に驚くことばかりで、逆に、なぜ今まで出会わなかったのかと不思議なくらい・・。

研修1日目から使用しているクレイローションやパウダーも、生理前に関わらず肌調子がとても良く、お気に入りアイテムです^^

前回の記事【 クレイセラピー研修1日目を終えて】

今回は、クレイの治癒力についてのご紹介ですが、アレコレ説明するよりも先ず見ていただきたいものが・・。

※外傷を見たくない人は閲覧注意。

それが、こちら↓

でんっ

(R3、7月12日撮影)

写真は、私の右腕の一部。
実はちょうど一週間前、料理中に油がとんで火傷してしまいまして^^;

拡大写真で大きく見えますが、実際は長さ2cm幅0.5㎜程度のわりと小さな傷。

幸いにもクレイを学んだ直後だったので、すぐさま患部をしっかり冷やして、その後クレイパウダーを直接ヌリヌリ・・

↑このような方法でしばらく経過を観察してみました。
※全て自己責任で行っています。自己判断での容易な塗布はお勧めしていません。

そして、1週間経過した現在の状態がこちら↓


(R3、7月19日撮影)

心配だった化膿や水泡など、火傷が悪化することなく、スムーズに皮膚の形成が進んでいます^^

ちょっとエグく見えますが、これカサブタです♪ぶー

赤みやヒリヒリ感も和らぎ、今では何事もなく過ごしています。むしろ火傷したことすら忘れがち・・笑

ここまで傷の回復が早いにもかかわらず、お薬は一切使用していません。

年齢とともに、傷の治りが遅れたり、肌の回復力が低下したり・・さらにその期間が長引くほど、シミや跡になる恐れがありますよね。

普段の生活のなかで、「お肌の傷」の代表的なものが、日焼け。

日焼けの環境にいるかいないかでも、その後の肌質の違いは一目瞭然。

ですがそのお肌の治癒と回復力をサポートしてくれるのが、クレイの力です^^

傷を癒して自己再生を高める、土壌の力

知ってました!?クレイ=土ってとっっても凄いんですよー^^

野生の動物たちが傷を泥にすりつける光景。
テレビか何かで、一度は見た事があると思いますが、あの行為は、クレイの治癒力を動物たちが潜在的に感じていて、負った傷を癒すためと言われています。

まさに、先日私が負った火傷のお手当ても同じ行為・・・・・って、だれが野生児だ!^^;笑

今、クレイの傷を癒して自己再生を高める力が、あらためて大注目されているんです^^

お肌は表面に見えていなくても、毎日、傷ついては修復して・・を繰り返しています。

その視えない作業は、美肌づくりでとーっても重要なポイントになりますが、今回はここまで。

また次回、研修後の報告にてお伝えできたらと思います^^

今回のクレイについての学びは、知識よりも何よりも、自らの体感がものをいう学びとなりました(笑)

皆さん、油料理に気をつけてくださいねー^^;

 


検定合格後、モニター募集を予定しています。

モニター募集・クレイセラピーについて情報をいち早く受け取りたい方は、公式LINEまたは無料メルマガ購読をご登録下さい♪

▼予約にも使える!公式LINEは下のボタンクリックでご登録できます。

LINEお友だち登録

 

▼情報をメールでお届け!無料メルマガ購読は下の画像クリックで登録ページに進みます。

関連記事

  1. ママ必見!ミニカー収納に役立つプレイテーブルの作り方

  2. 風の時代。自分らしく生きるには

  3. 昨年の振り返りと2021年の抱負

  4. クレイセラピー研修1日目を終えて

  5. 冷え性の女性必見♪酵素風呂にひとっぷろ埋まってみたら・・体験…